• ホーム
  • ウェブサイトはどうやって作るものなのか

ウェブサイトはどうやって作るものなのか

パソコンを使用する人

現在、ビジネスシーンではホームページの制作というと業者委託が通例となっていますが、ホームページの作成方法は何もこれに限ったことではありません。
ビジネス向けのサイトの場合、SEOや保守管理なども併せて発注していることが多く、それだけ手の込んだサイトが作られています。
しかし、なかなかそういった高度なサイトを構築するのはビギナーには難易度が高いものがあります。

しかし、趣味のサイトや会社のホームぺージを作るくらいであれば、実は誰でも簡単に出来るのです。
というのは、業者委託されている商用のホームページの場合、インターネット販売や会員登録といった複雑なシステムが組み込まれていることが多く、こうしたサイトでは個人情報の管理なども行わなくてはいけないため、オーナー側ではそれだけ慎重にサイトを作成する必要があるわけです。

ですが、自分の作った作品を公開したり、ちょっとした会社やサークルなどの紹介ページを作るくらいであれば、こうした高度な機能を組み上げる必要はありません。
パソコンに慣れている人であれば、市販ソフトなども使わずに、無料ソフトだけでホームページを制作している人もいます。
ようは、要となっているシステムが同じものなわけですから、その仕組みさえ覚えれば誰にでもウェブサイトが作れるのです。

ホームぺージというのは、主にHTMLやCSSといったプログラムによって制御されています。
ただ、写真や文章を用意すれば自動的にそれらを表示してくれるというわけではなく、文字や写真、イラストなどのサイズやレイアウトを制御するためのプログラムが、それらの裏側で働いているのです。

こうしたプログラムは、実はメモ帳でも開くことが出来、誰でも閲覧することが出来るようになっています。
そして中には、メモ帳だけでホームページを作ってしまう、という人もいます。
ですから、HTMLやCSSなどを覚えてしまえば、メモ帳だけを使って全く費用をかけずにウェブサイトを作ることも可能です。

現実問題としては、このようなやり方でホームページを全て一から作ることはとても難易度が高いですが、CMSと呼ばれるホームぺージ作成用の市販ソフトや無料ソフトがあれば、比較的簡単にウェブサイトが作れます。
CMSを使う場合にも、HTMLやCSSといった基本的な知識を覚えておけば、ウェブサイトは作りやすくなります。

もし、業者に発注する費用を抑えたいと考えているのであれば、まずはこうしたホームページを制御するためのプログラムについて、基本を学んでおくと良いでしょう。
あとは、作成ソフトの使い方に従ってホームページを書いていけば、比較的手軽にサイトを構築することが出来ます。

関連記事
人気記事一覧