• ホーム
  • ウェブサイトを作る上で気を付けるべきこととは

ウェブサイトを作る上で気を付けるべきこととは

このように苦労してホームぺージを作っても、検索エンジンのペナルティーを招くような悪質なウェブサイトを作ってしまっては、何にもなりません。
ホームページの運営をしていく上ではいくつかの決められたルールがあるのです。
そうしたルールを守っておかないと、検索エンジンからペナルティーを受けて検索上位に表示されなくなってしまうだけでなく、場合によっては炎上を招いて集客にも影響するリスクが出てきます。

例えば、検索エンジンのGoogleでは検索結果を不正に操作するような、隠しテキストやリンク購入にはペナルティーを科すようになっています。
隠しテキストというのは、ページの内容に全く関係のないキーワードをサイト内に埋め込んで、利用者をミスリードするようなコンテンツのことです。
同じく検索結果を操作する方法としては、自サイトへのリンクを購入して外部サイトからリンクを張ってもらうリンク購入といった方法もあります。

こうした悪質なやり方はブラックハットSEOと呼ばれ、コンテンツの内容とは全く関係なしに検索結果が変わってしまうため、ペナルティーの対象となっている訳です。
この他にも、他人に著作権のあるファイルを違法アップロードしている場合、偽情報を記載している場合などは同様にペナルティーの対象になります。
また、差別的な内容のコンテンツをアップロードすることもNGです。

こうした効率やキーワード重視のコンテンツは利用者の受けも悪く、最初は成功したと思っていても、検索エンジンからはじかれたりネット民に見つかって炎上してしまったりと、後々何かとやっかいな手間がかかってしまうことになります。
ホームぺージを公開した以上、出来るだけたくさんの人に見てもらえるように集客することは大切ですが、必ず正しい知識を身に着けた上で、著作権を侵害しているファイルの違法アップロードや偽情報のあるコンテンツを制作することは絶対に避けるようにしましょう。

インターネットのウェブサイトを運営する上で大切なのは、利用者の利便性を重視すること、正しい情報を記載すること、適切なリスク管理をするということです。
優良なコンテンツを作成することで検索結果を上げるような方法は、ブラックハットSEOに対してホワイトハットSEOと呼ばれています。
ネット上で調べればそれぞれの違いなども出てきますから、ぜひ正しいSEO対策を心がけるようにして下さい。

関連記事