• ホーム
  • ホームぺージの制作にはサイトマップの作成が欠かせない

ホームぺージの制作にはサイトマップの作成が欠かせない

例えば家の設計図を書かずに家を建てて行くと言う人はいません。
ホームページの作成もそれと同じで、まずはサイトの基本的な構造に関してイメージすることが大切です。
サイトの構成内容を考えずに制作していくと、どうしても失敗しやすくなります。

皆さんご存知のように、インターネット上には数多くのリンクが存在し、それを辿って別のページを訪れることが出来るようになっています。
実は、企業や個人のホームページの中にもこのリンクが多く張られています。

一つのページから別のページに行く場合や、元来たページに戻ってくる場合には、進むボタンや戻るボタンなどを押すことになります。
こうしたボタンにも全てリンクが張られています。
つまり、ボタン類には、ホームページの内部でページを行ったり来たりするためのリンクが設定されている訳です。
すなわち、ウェブサイトの基本と言うのは文章とリンクで出来ているのだと言うことも出来ます。

プロに委託をする際には、細かなことは考えずに大まかにサイトの構成内容を考えた上で、それに基づいたサイトをデザインしてもらうことになります。
自分でウェブサイトを構築する場合にも、それと同じことが必要になって来ます。
どの部分からどのページへとリンクを張るか、どのページとどのページをリンクさせておくか、目次をどうするか、といった構成を予め明確化しておかないと、せっかくHTMLやCSSを覚えていてもホームぺージ作りは途中で頓挫してしまうことになります。

構成内容は、検索エンジンがクロールした際のSEO効果にも関係してくることなので大切です。
サイトの目的がはっきりしていて目次や構成内容などが整っているページであれば、それだけ検索上位に表示されることになり、SEO効果は上がって来ます。

サイトマップを作る際には、ウェブサイトのデザインを決めるXMLを自動生成してくれるソフト等も利用することが出来ます。
ビギナーであればこうしたソフトを活用してみましょう。
サイトの目的やターゲットなどを改めて明確化するのにも役立ちます。

検索エンジンのクロール時には、表示されている部分だけでなくその裏側にあるHTMLも評価されることになります。
目次などがしっかりと作られていて、利用者が見やすく作られているサイトであれば、上位に表示される可能性も高くなるのです。
ですからXMLを自動生成してくれるソフトは大いに役に立つと言えるでしょう。

関連記事
人気記事一覧