• ホーム
  • モバイルフレンドリーなサイトを作る

モバイルフレンドリーなサイトを作る

最後に、SEOにおいて最も重要になることの一つがモバイル端末を意識するということになります。
検索エンジンのクローリングでも、モバイルの利便性を意識したサイトの評価を高くするような仕組みになっていて、これはモバイルファーストインデックスと呼ばれています。
最近はスマホオンリーでインターネットを見ているユーザーも多いですから、モバイル端末に対応したサイトを作ることは必須になってきていると言えます。

スマホとPCでそれぞれ同じサイトを見たことがある人であれば分かると思いますが、デバイスが変わると異なるレイアウトのページが表示されるサイトが増えてきています。
こうしたウェブサイトの作り方はレスポンシブウェブデザインと呼ばれ、その方法にはいくつかのやり方があります。

まず、CSSの初期設定でデバイスごとに別々の内容を書き込んでおく、ということが最も基本的なやり方になります。
さらに、リンク先を分けたり、初めからPCでもスマホでも見やすいデザインにしておくなど、その方法は多彩です。

スマートフォンの場合、表示される画面が小さいですから、PCで見た場合に比べると、同じ画像を使っていても視認性は劣ることになります。
こういった場合には、PC向けサイトのように画像を横いっぱいに並べるのではなく、縦一列に表示されるようにCSSを初期設定してレイアウトを調整する、といった工夫が必要になります。
CSSを使うと、全く同じページにアクセスしても端末ごとに異なる画面を表示させられるように出来るので便利です。
検索エンジンのモバイルファーストインデックスでも、このようなデバイスによって変化する表示を採用しているサイトは高く評価されるために、コンテンツの内容とともにSEO上重要な要素になっている訳です。

スマホユーザーは普段使っているPCとは違った画面を目にすることになるわけですから、自分がよく訪れるサイトをスマホで表示してみて、実際にどのようなレイアウトになっているのかや、利便性などを確認してみることも大切です。
具体的なイメージが出来れば、CSSを書く際にも作業を進めやすくなります。

レスポンシブウェブデザインの作り方は、ビギナーには難しいものがありますが、逆に考えればサイトを作る上での楽しみの一つだとも言えます。
ぜひ自分らしいモバイル対応の方法を考えて、人目を引くような素晴らしいデザインにしてみましょう。

関連記事