• ホーム
  • 最近重要になってきている常時SSLとは何か

最近重要になってきている常時SSLとは何か

インターネットの世界で最近になってとくに重視されるようになってきているのが、SSLです。
簡単に説明すると、これはウェブサイトを表示したり、サイト上でデータを送受信する時にデータを暗号化して安全性を高めるための技術になります。

例えば、会社やお店のホームぺージでは、運営者に対するお問い合わせフォームやショッピングサイトなどを用意している場合があります。
こうした画面からは、利用者にとっては大切な個人情報が送信されることになります。
この時に、外部からの不正によって送信されるデータが盗み見されたり、改ざんされるリスクを避けるための技術になります。

導入されているコンテンツは、送受信されるデータ自体が暗号化されているため、第三者がそれを不正に盗み見ても何が書かれているのかが分かりません。
この時のデータは、受け取った側のサイト営者のみが暗号を解除して閲覧出来るような仕組みになっています。
ですから、不正な操作によってデータが改ざんされてしまう危険性も下げることが出来るわけです。

SSL化されているウェブサイトのアドレスは、通常のhttpではなくhttpsから始まるのが特徴で、アドレスを見ただけでもそのサイトがSSL化されているかどうかが分かります。
以前は、この技術はお問い合わせフォームやショッピングサイトといった個人情報をやり取りするページでだけ対応していれば良かったのですが、現在では全てのページにこの技術を導入することが主流になってきています。

個人情報のやり取りとは関係なく、全てのページをSSL化しているサイトのことを常時SSL化していると言います。
SEO対策としても大切なものです。
というのは、多くのブラウザでは検索エンジンなどからジャンプした場合に、常時SSL化していないウェブサイトにたどり着いた際は、安全な接続ではないという警告表示が出されるようになっているのです。

常時SSL化した場合、アドレスもhttpsからで統一されるため、SEO上保守点検がしやすいというメリットもあります。
この対応が遅れていると、SEOの結果も芳しくありません。
導入してウェブサイトの安全性を高めることは、最近のインターネットの潮流でもありますから、面倒くさがらずにしっかりと全ページをSSL化するようにしたいところです。
導入には多少の手間がかかりますが、後々のメンテナンスのことも考えて最初から設定しておいたほうが良いでしょう。

関連記事