• ホーム
  • 独自ドメインを購入してみよう

独自ドメインを購入してみよう

Youtubeのサイト

ホームぺージを制作するイメージがだんだんに沸いてきたら、次にサイトをどのように公開するのかについて考えてみましょう。
企業やお店のホームぺージなどは、分かりやすい独自ドメインを使っていて、誰でも訪れやすいように作られています。
わざわざリンクを辿らなくても、アドレスを覚えておいてそれを入力すれば、簡単にサイトを表示させることが出来ます。

こうした独自ドメインは、レンタルサーバーなどが新規に提供していることもありますが、中には中古ドメインを購入するという人もいます。
とくに、せっかく気に入ったアドレスを考えたけれど、すでに誰かに使用されたものだったという時には、新規ではなく中古のものを購入することになります。

中古ドメインを使用するとドメインパワーを引き継いだ状態で最初からサイト運営ができるメリットがあります。
気になる方は中古ドメインを販売しているサイトを一度見てみましょう。

ドメインというのは、分かりやすく言えばサイトのアドレスのことになります。
ホームページのアドレスというのは、パソコンの内部では数字で処理しているのですが、それを分かりやすくしたものがドメインです。
アドレスバーにこのドメインが入った文字列を入力すると、パソコンの内部では数字に変換されてホームページが表示されることになります。

独自ドメインの購入方法としては、レンタルサーバーを運営している企業や、ドメインを販売しているレジストラなどに申し込みをします。
レジストラというのは、インターネット環境の管理を行っている会社のことです。
この際、希望するドメインを画面に打ち込むことでその利用可否が分かります。
購入する際にはある程度費用がかかりますが、レンタルサーバーであれば無料でドメインを提供しているところもあります。
利用可否を確認した上で費用の支払いをすれば、晴れて独自ドメインの使用が可能になります。

しかし、一つ注意しておかなくてはいけない点として、このドメインには期限が定められているということが挙げられます。
取得したドメインは、期限が切れる前に更新手続きをする必要があります。
期限切れするまえに申し込みをしたサーバーやレジストラで更新をしないと、使用出来なくなってしまうため気を付けましょう。

ドメインの更新手続きは、購入方法とは違って、通常は利用可否を確かめる必要はありません。
普通は次の契約期間分の費用を支払えば、それで更新手続きが完了します。
使用途中で誰かが横取りをしてしまったりすることはないので安心して下さい。
簡単なアドレスにしておくことで、会社やお店のちらしなどにも記載しやすくなりますし、それだけ多くの人にサイトの存在を覚えてもらえることになります。

関連記事