• ホーム
  • SearchConsoleとAnalyticsに登録する

SearchConsoleとAnalyticsに登録する

SNSのアイコン

ホームぺージを作った後で欠かせないのが、いかにして検索エンジン上位に表示させるかという点を考えることです。
これはもちろんSEO対策になりますが、いくら質の良いサイトを作ったとしても利用者が訪れてくれなければ何にもなりません。
また、サイトが分かりにくければ、利用者は目的の情報まで辿り着けない可能性も出てきます。

そうしたサイト改善に役立つのが、検索エンジンGoogleの提供しているGoogle Search ConsoleとGoogle Analyticsです。
どちらも、サイトを訪れた人がどのようにサイトを利用したか、どれくらい利用者があったのか、といった情報を解析・閲覧出来るツールになります。
Google Search Consoleに比べると、Google Analyticsは導入にやや手間がかかりますが、より細かなデータをリアルタイムに解析出来るというメリットがあります。

まずGoogle Search Consoleから説明すると、こちらはGoogleのアカウントに登録するだけで利用出来ます。
簡単に言うと、このアプリはホームページの利用者数や流入傾向、クロールエラーがあったぺージなどを確認出来るツールです。
閲覧は、通常のホームページを見るのと同じようにすることが出来ます。

Google Search Consoleの画面にアクセスすると、サイトの訪問者数すなわち外部リンクの数や、サイト内のどのページを訪れたのかという内部リンクの数が表示されます。
閲覧者数はグラフで表されるので、時間経過によるユーザーの動向や変化なども把握出来ます。
また、ペナルティーの対象となるクロールエラーのページも表示されるので、次回のサイト改善に役立てることが可能となっています。

一方のGoogle Analyticsは、サイトのソースにトラッキングIDを張り付けることで、閲覧者数の動向をより細かに分析することが可能です。
訪問者がどんなキーワードを使ってサイトにたどり着いたかということも分かるので、利用者の流入傾向をより詳しく知ることが出来ます。

SEOでは、訪問者が使っているキーワードの傾向を知って、外部リンクについての対策も同時に行っていくことが大切です。
また、不適切な内部リンクもペナルティーに該当してしまう可能性があるので、避けたいところです。
Google Search ConsoleやGoogle Analyticsを使用すれば、こうした細かなデータを収集できるので、より動的なサイト運営をすることが出来ます。

関連記事